オリラジのパーフェクトヒューマンはパクリ元を超える最高の作品

人気お笑いコンビのオリエンタルラジオこと「オリラジ」。

その二人が再ブレイクのキッカケになった楽曲「パーフェクトヒューマン」が、韓国の人気アーティスト「PSY(サイ)」の楽曲、「江南スタイル」に酷似していると話題です。

オリラジの二人が今年の2月13日に「ENGEIグランドスラム」で披露した「パーフェクトヒューマン」。

確かに、正直最初に聞いた時は即、カンナムスタイルを思い出しました。

ただ、個人的にはカンナムスタイルも確かに大ヒット曲だったのはリスペクトしますが、このパーフェクトヒューマンもエンターテインメント性はかなり高いと思います。

パクリと言われても仕方の無いぐらいに構成が似ていますが、パーフェクトヒューマンのサウンドはよりエッジが効いてて、鋭い感じだと思います。

ちょっと検証してみましょう。







パーフェクトヒューマンとカンナムスタイル



「PERFECT HUMAN」
作詞:RADIO FISH
作曲:JUVENILE

【公式】PERFECT HUMAN 歌詞ありver.【オリラジ】



【PSY - GANGNAM STYLE M/V】

確かに曲の構成はそっくりです。

EDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)調のイントロから、ラップでヴァース(メロの部分)を埋める。

そしてブリッジ(Bメロ)で歌い上げた後に、一瞬のブレイク(音が消える)。

I'm a perfect human(アイムアパーフェクトヒューマン)

オッパ、カンナムスタイル!

この構成はまんま使いって感じですね・・・。 

ツイッター上でもこれはパクリでは?

という疑惑の声が上がっています・・・。

ただ、私としてはこのパーフェクトヒューマンを安直に、パクリだと非難するのは違うのではないか?と思います。


パクリ元を超える理由



パーフェクトヒューマンがパクリ元?と言われる「カンナムスタイル」を超える理由としては、圧倒的なパフォーマンス力が理由にあります。

まず、このバックダンサーを務めるオリラジ中田敦彦(パーフェクトな人)の弟の中田敬之さんこと「FISH BOY(フィッシュボーイ)」さんらのキレのあるダンス。

メンバー詳細はコチラで・・・
オリラジのパーフェクトヒューマン振り付け完全マスター動画!

このメンバーは本格的なダンサー達で、数々の大物芸能人やアーティストのバックダンサーや振付師を務めたり、ダンスの大会で優勝経験などもある実力派達です。

キャッチーな振り付けからキレのあるパフォーマンス。只者ではない雰囲気が伝わってきますね。

またオリラジの二人自体が既にエンターテインメントの世界で叩き上げられた強者である事です。

かつて二人は「武勇伝」というネタで一世風靡。

数々の先輩芸人を差し置いて若手ながらも華々しい芸能人生活を送っていました。

こういった実績がある二人とダンスのプロフェッショナル達の融合により実現された高次元のパフォーマンスはがあるからこそ、パーフェクトヒューマンは単なるカンナムスタイルのパクリでは無いと言い切れるのです。

いや、むしろパクリ元を超えた最高のエンターテインメントと言っても過言ではありません。

以上、パーフェクトヒューマンはパクリ元を超えた最高のエンターテインメントだ!という私の主張でした。

お付き合いありがとうございます!ここまで読んでくれたあなたは相当の強者です。