パーフェクトヒューマン、歌詞の天災を天才へ変更したのはなぜ?【裏事情】

人気お笑いコンビのオリラジの大人気ネタ「パーフェクトヒューマン」。

パーフェクトヒューマンをミュージックステーションで披露した際に、歌詞の「天災」という部分を「天才」に変更しています。

その日は3月11日で、東日本大震災に配慮した事が理由のようです。







天災から天才へ変更。震災への配慮か?



オリエンタルラジオの二人が出した新ネタ「パーフェクトヒューマン」。

このネタのあまりの人気ぶりに二人は音楽番組のミュージックステーションに出演を果たします。

確かにこの新ネタは音楽もなんだかクラブでかかるようなダンス系のノリでかっこいいですよね。

一時はあの有名曲のパクリでは?なんて言われて噂になりましたが、それでもノリが良くカッコいい曲であるのは間違いありません。

その勢いのままミュージックステーションに出演したのですが、歌詞を見て違和感。

A TSU HI KO
Say天才!(天才!)
まさに天災!(天災!)
Say天才!(天才!)
まさに天災!(天災!)

この部分が・・・。

あれ?天災じゃなく天才になっている・・・。

今の時代はやはりこういう事にも敏感になっていかないとすぐに叩かれたりしますからね・・・。

怖いですよね。








2回目のMステでは歌詞は天災に




オリラジの二人は3月11日の1回目の出演、5月6日には2回めの出演をしています。

5月の出演時は3月の歌詞の変更もなんのその、圧巻のパフォーマンスを披露しています。

1回目の出演では歌詞の変更があったものの2回目はホンモノを披露!

パーフェクトヒューマンの作詞を担当したのはラップを担当する藤森さんの方らしいので、1回目の歌詞の変更はちょっと寂しかったかもしれませんね。

ただ歌詞の内容よりもどうしても中田さんのダンスを首を傾げるIm a perfect humanの部分が印象的なんですけどもね・・・。

そして売れに売れたこの曲ですから、演出も異常になっているというw

パーフェクトヒューマンのMステでの演出がすごい!必見!!

演出.JPG

今後もパーフェクトヒューマンから目が離せないですね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438019831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック